2015-06-22

象形の時

華雪さんの書は
”書”なのだけれど、それは字を書いているというより
字に辿り着こうとして、線を引き出している、未然の字。
そういうものを見ている気になる。
そして、実際そうなのだと思う。



今現代の既存のものになるまで
今まで、膨大な時間をかけ
いろんな人がその時を過ごし
馴染み、変化し、残っているもの。

自分の陶も、そんな風景を含んだものとして
受け手に伝わるといいな、と思う。
華雪さんの字からのそれは
まるで、肉体的なパフォーマンスを目の前で見ているくらいに
圧倒的で、ひたむきな姿勢が伝わる。

「口」を、題し、幾枚も書かれた作品群。

漢字の研究者、白川静氏の引用を携え
字の風景を模索する
巡り歩いた痕跡。




 口、が入る字は幾つもあるけれど
 考えゆく中で、あ、と気づいたのは
”意味”という熟語、そこにも” 口”字が入るの
という。

何かをすくい上げて口に運ぶような儀式みたいな

そう話す華雪さんが、現代の人でなく
遥かな人のように錯覚する。



表れた字の、奇跡的な水の余韻や墨の粒子。
 和紙の肌理と相まって
立体物を見ているような気分になる。


字の輪郭、際の空間への放たれ様
裏が透ける様な素材感
動きの跡のような、力強く厚みのある墨溜まり。

それは頭の中で土と重なり
観客ではいられない気分になり
私も工房に戻ります、と感動を伝えて足早に帰る。


わたしだったら、と
器にたどり着くまでの人間の気分で削り出す。



「口 器」|華雪+柳原照弘
書:華雪
ガラス:柳原照弘
*ガラス制作:辻野剛(fresco)
 
日時 2015/06/20(土)-7/18(土)
会場 hiromi yoshii roppongi

2015-06-11

新谷仁美/森田春菜 二人展







2015年7月22日[木] – 8月1日[土]
11:30 – 16:00
月火:休


SOSO (一宮/愛知) 

愛知県一宮市浅井町東浅井字森下10  
0586-78-2353
 SOSO:http://gp53.net/index.html
ブログ:http://gp53-soso.jugem.jp/








先月のGW最後の日に訪れていた
次回展示会場、SOSO。

DMを用意せねば、と思い
一ヶ月ぶりにゆっくり見返す。








SOSO.は、ここを営む木全夫妻の
住居兼、工房兼、お店兼、喫茶室兼、ギャラリー としての場。

ご主人の作る金物、木工のモノは
少年の工作のように、軽やかで素朴。



古いものと、仕入れた生活道具、そして手作りの道具が並ぶ店内。

以前は、料理屋の客間として使われていたという建物。
丁寧に直して、息を吹き返した場。

 




 まずはものありき。

あたらしいものを、探そう。



2015-06-05

マツモトロック 風景

 
 










 多くの人で賑わう、5月末の松本。
今回の会場は、喫茶コイデさんの一部屋、物置的に使われていた
空きスペースでの展示でした。

何年も置かれたままの自動車やバイク
経年変化の跡が色濃く存在するこの場で
展示をすることはいろんな不安・危惧がありましたが
頼もしい男手の活躍にも助けられ
無事、作品を収めることができたのでは、と思います。


個人的に好きなカットはこの一枚。


すっかり白茶けてしまった壁紙。
そこには薄く花模様の柄がプリントされているので
絵の新谷さんにとってなど、やりにくかろう、、、と心配したのですが
こうして見ると、どこか
”モノ好き”な人の楽しいお部屋に招かれたような雰囲気。
和やかな気分で眺められるのでした。

特別な想定、置き場を考えなくても
こんな風に、なんとなく置いてみるような
それぞれの手中で楽しんでもらえたら嬉しいことです。



期間中、表に展示していたマノさんのナイロン・キュロットパンツと
小林さん作のピアスをいただく。

松本から帰り、東京で過ごす今週は
おみやげに持ち帰った装いを楽しんでいる。
あのふしぎな風景に、ふと、通ずる気分。