2014-12-26

日々の糧




人間の創造力のたくましさは
つくづく、おもしろいものだな、と思う。

さかのぼる想像をたのしみながら
最近は、ぱんを焼いて遊んでいる。


発酵した小麦の生地で
今ある、こういう食べ物が出来ること。

つくり出す自分の手で、それを確信した人は
どんな気分だっただろう。
 


上手に作る気は無く
素材の現象を窺いながら
ほとんどカンでやる。

”最初の人”の気分を味わう。

 身の詰まった、どっしりとしたぱんが焼き上がる。




X'masだったので、少し豪華に。

忙しくて土に向かう集中がままならないとき
台所仕事は、 気分を収めてくれる。

人間、を思いながら手を動かす。

 それを楽しむ手段は、いろいろある。




2014-12-24

歓談の中で

作用展、初日を終え 作家群が集う。
賑やかな宴席の後は
夜も深まり各々の事が話される場に。


「自らが創り出すもので 生活していけるかどうか」。

私にとって、しばらく引きずっていたコンプレックスのひとつだったけれど
自分は何に魅力を感じるのか
ふるいにかけつつ、いろいろな物事に感化され、今まで歩いてきたら
いつの時からか、自らが貼ったそのレッテルは剥がれていた。
私はそういう方向に来つつあるらしい。


自分が感動するのは
どの境遇でも、やりたい、と思い
自らの自然発生的な必然に伴い
創り出す表れ。

そういうものに出会うと
敵わないな、と思うと共に圧倒的な感動と
湧き上がる励ましのような感情に出会う。
愛しいと思う。


おそらく、私が職業作家を選んでいたら
自分自身、そして自分の日常生活を支えるための
惰性的なものづくりに手を染めるような気がする。
たぶん地が卑しいのかもしれない。。
正しく律せれる自信は危うい。


したいようにできない苛立ち
時間はあるのに、手が進まない焦り

それに立ち向かうか、解放するか

私自身の有り様がどうかというよりも
出てくるものがどうなのだ、という方が
問うべき気がする。



ただでさえ、揺さぶられる中で
この事さえ
私には大いなる課題。

2014-12-17

作用展に向けて




「作用」展出品の準備にかかる。
私にとっては、10月の名古屋展示の凱旋的な趣旨。

どうしてしばし経ってから見る方が
発見が多くあるのか。
自分は退化しているのだろうか、と危惧してしまう。




DMに記載された言葉が印象的だった。

"素材の性質の凝固物"

よくこういう言葉を生み出せるなぁ、と思う。



私にとってはまさに「作用」なる役目しかない、と言えるし
そうあれれば、という理想でもある。


来年中旬まで、約一ヶ月にも長く開催される企画。
どこかにあるのだな、という励みの期間。




第2回 作用展

OUTBOUND (吉祥寺)

2014年12月20日(土)- 2015年1月19日(月)
11:00 – 19:00|12月23日、1月13日 休
12月30日 – 1月6日(年末年始休業)

参加作家
井藤昌志 柏木圭 金森正起 鎌田奈穂 木下宝
熊谷幸治 須田二郎 冨沢恭子 増満兼太郎
森田春菜 廣谷ゆかり 山崎大造 横内みえ 渡辺遼


2014-12-15

引きこもること・解放すること



今まで紛れ、混ざっていた考えが整理されると
嬉しくて、ついそこに飛びついてしまいそうになる。

固執してしまいそうになり
気づくと、いけない、と思う。

あまりにも生のままのそれは
魅力的であると同時に、扱いには手を焼く。


自然と血肉化し、解放されるようになるまでには
しばらくなりゆきのなかでの時間がかかる。

2014-12-12

たけのこかご

ユーモラスな響きの、この籠。

高知からやってきた大造さんが
このモノに出会った感動を話してくれた。
聞いているこちらも、そのとき相対した幸福を
共に体感する様な語り口。

たけのこ籠も(作った人も)凄いんだろうけれど
そこまで一心に豊かな境地に入り込める彼も
あらためて、すごいひとだな、と思う。


このたび、大造さんは今年の民芸館大賞を受賞した、とのことで
急遽、受賞の為の東京訪問。
吉報は、本人ではなく同じく高知にいる
廣谷さんからの速報だった。
すごい、すごい、と本人の知らないところで
喜び合っていた。


以前から、高知に行った際に
この『たけのこ籠』の存在について聞いていた。
「これが見てみたいんだ」と、小さなモノクロ写真のカットを指し
憧れを込めた口調で言っていた。


民芸館所蔵のそれは、江戸時代作ものらしく
特に名を馳せた作家もの、ということではないらしい。

ただ、期待を込めたそのものとの対面は
熱い感動的なひとときだったよう。
”30分”と限られた時間内で、見ることのみに集中し
曰く『旅をしたような』感動の余韻に包まれていた。

まるで
その作家のお宅を訪れ
互いに自然になじむ距離感で
特に言葉を交わすことなく
それでも伝わる空気感の中
お茶をいただいた、

ような感じだったんだとか。

そのものに出会ってみたあとは逆に
今までの、”たけのこ籠をつくる”という欲求とこだわりは放たれ
なんのかたちでもいいんだなぁ
となったらしい。




たけのこ籠は、つくりたい『モデル』ではなく
『実例』を示すもの、だったのか。

心強い励ましのような感覚を得た
その様子は、こちらまで共感が伝わる。

最近考えていたことと繋がる。
  そういうことなのかもしれない。

2014-12-09

作用展 出品のお知らせ など



2014.12.20 - 

作用展


OUTBOUND (吉祥寺)




急遽、お声掛け頂いたグループ展に参加させて頂くことになりました。
吉祥寺OUTBOUND で開催されます ”作用展”。

12月20日(土)から、おそらく翌年’15、1月中旬くらい、、、?
まもなくの会期ですが、未だ未定な部分もあるようです。
いろいろなものを採り込みながら進行中であろう、、、と察しております。
俊敏な行動力と、それでいて緩いところも持ち合わせる
店主らしいなぁ、と思いつつ
不意に入った機会を、励みに寄り添いたいと思います。



 10月に名古屋での個展を終え
次回は来年5月か、と
間が開く感覚でいたものの
のらりくらりしていたら、あっという間に
”やらねばならないこと” に押されてしまうであろう。
今は、本を読んだり、高知の野焼き用土器をつくったり、と
いつもと違うことを手段に、進行中。

やっていることは異なっていても
考えることは、いつも作っているあの品々を巡っての事と 同じ。




「これはモデルではなく実例なのだ」。

ピカソが、自身のアフリカ彫刻の膨大なコレクションについて語った
言葉だそうです。(”レヴィ・ストロース講義”より)


 入り交じってしまう”憧れ”への目線を、なめらかに切り離した言い様。

”実例” の意味するところ。
それは、追求していく側に立った同列に並ぶものとして
または励ましのようなものとして
そのものがあることを言いたいのだろう、と思う。
”モデル”という、そのモノ対象を追うのではなく
 自分の手を伝う、内側にあるもの。
動きの由来を探ること。

そうしていた人に、なにかを尋ねるようなひととき。

それはたとえ土を手にしなくとも
台所で野菜を切る時も
米を研ぐ時にも共通に
立ち現れる感覚。





今度の”作用展”。
『作用』の意味する、ある起点から発動する表れ。

わたしの想い続ける『機』ki と共通の部分がある。
”機”も、心の発動、動き、の意味をさす。
機、はより、作り手側の内に潜むものであるような

比べるとそんな気がする。





2014-11-24

書と花を見に行く。



土壁の展示空間は、薄暗く籠っていた。
 その中で、字が浮かび、花が在る。

字は、その輪郭が空気に拡散していきそうかと思えば
あるものは、はっきりと力強く擦りつける。
現れの由来、時間を遡る気分になる。

 そして花は、その後ろに、広い広い風景を抱く。
それとともに、空想のそこにはなぜか人間の気配を感じる。



中に居るわたしは、農夫のような気分になった。
ここは、とある小屋で、住処のようだ。




10年近く前の、偶然の出会い。
それはわたしには選べなかった、身を委ねて訪れた幸い。

そして、思うままに赴いた大阪
そこで見せてもらった一冊の本。

考えていた事を、ずっと奥深くまで知っている人

身体表現者、の人だ、と思った。
精神から降りてくる動きを持つ
ダンサーの様だった。



テーブルを囲んで談笑しているこの風景を
こういう時が来る事を、予想出来ただろうか。


そのころの目に映った景色が思い出される。
日本家屋の畳の手触り。
ひんやりと伝わる滑らかな板張りの廊下。
リズムのある関西ことばのやりとり。

佇むわたしに、天からことばを掛けてやりたい。
そんな事を思う。


わたしにとっての大阪は
刻み込まれる事柄を、多く記憶する場所。




今の自分の在り様を話す。
口中の水分が無くなっていくのが分かる。
話す程に、削ぎ落とすほうへ心が動き
慣れるどころか、逆に緊張が締まっていく。
でも、嘘のない言葉を伝えられたと思う。


モノの手触りの話
削り出していく感覚
似ている、と言えるかわからないけれど
共通言語の兆しに期待が膨らむ。

2014-11-21

今 現在 のこと。 そして人についてを言い続けている、ということ。



手を動かしている時に、考えていた事は
じつは 人間について だったんじゃないか
と、最近思っている。

モノの在り様を探る作業を通して
いままでずっと、思考は、そういうことを探っていたのではないだろうか、と。


実際、”モノ”に惹かれているのは確かだけれど
その奥底には常に”ニンゲン”への興味が潜む。
それはこの仕事をし始めた感覚を得たときから、ずっとあった事だったのに
 モノへ迫っていく感覚の傍を、いつも並走するもの
 くらいな自覚しかしていなかった。





興味を含んでいるものを見つける視点は
懐古的な思いや、情緒性を むしろ引き込みたくない。
傍に来てしまいそうになる気配を
避けつつ、避けつつ、蒐集する。



言いたいのは、今は無くなってしまったもの、ではなく
今、現在のこと。

わたしにとって重要なのは、そこだった。



2014-10-13

a l'etage後期ご案内 +a



(ギャラリーの2階、カフェ併設の空間です)


森田春菜  展

陶立体
個展

10/4 sat - 26 sun
こちらの展示は終了いたしました。



会期中は、竹内よしこさんによる
展示内容のイメージを絡めた焼菓子を販売。

穀物の味わいをしみじみ感じる
風味豊かなおかしでした。
研究熱心な竹内さんオリジナルの力作です。





木工作家・小山剛さんの個展に一部作品を提供しておりました。
(ギャラリーFUUROにて 2014年10月4日(土)-11日(土))
小山剛 展「美の用」

出品協力作家
秋野ちひろ、鎌田奈穂、熊谷幸治、森田春菜、渡辺遼

小山氏談:
美しさで言えば “衣食住”どちらが上とか下とかでは無くてすべては繋がっている。
用の美という言葉も同じで、視点はもっとフラットでいいし
 時には裏側から覗いてみると新しい発見があっておもしろい。
今回はモノの持つマチエールやモノが置かれた 外側に焦点を当ててみました。 
そして、そんな風にモノを作り出している
同世代の友人にも 小さなコラボ作品を作っていただきました。











ぽろりぽろりと、行く当てなく居た小品たちが
心地の良い住処をもらえた様な景色。
今、あらためて画像で眺めていると
どこか母心にも似た
愛でる様なありがたさを覚えます。



凛とした輪郭が際立つ小山君の作品は
静謐な気配を漂わせつつ、力強くもあり。
彼ならではの個性と存在感を放っていました。

真摯に樹に向かう彼の姿が目に浮かぶ様な
意気込みが凝縮した空間。

力作ぞろいの充実の個展のなかで
関わることができた、しつらえ。
どうもありがとうございました。

象徴を巡る旅

今回の名古屋訪問も含め、今年は旅の多い一年になっている。
『旅』と言っても、日帰りの事もあれば、ほんの数泊ほどの
自身の活動を兼ねた”遠征”的なものが中心。
それでも、毎月どこかしら遠方へ、機会をたのしみに足を運んだ。

日常の場を離れた気分の変化は大きい。



行く先々では、どんなにゆったり時を過ごしていても
アタマの片隅には”この時間には終りがやってくる”意識があり
その影響あってか、一緒にいる人との時間の濃度が高まる。


今年、足しげく通った高知は、訪れる度に
そこでの濃密な時間を、全て身に染み込ませておきたいような気分にさせられる。
 日常からはなれた”そこ”で起こることと
自分にとってのことを照らし合わせてみる。
結果、何かしらの問いを投げかける気分を
おみやげに持って帰るのだった。
人間的なことも 取り巻く環境も その他もろもろのことがらも。
旅の余韻が残る中、しばらくはぼんわりと
起こっていたことを思い出しながら 想い続ける。

わたしにとって、そこは、そんな土地になった。




それぞれの訪問地で出会う人と共に、
どうして今のモノづくりに至ったか、はよく話題になり
また、どういう考えで現在制作しているかも
よく聞き、話していた。

その都度、自分の場合、を顧みると
自分には確たるコンセプトが言えないことについて、も
考えていた。


わたしのものづくりは
きっかけになった起点から、前へ進んでいこうと、
目の前に置かれた”飛び石”を頼りに
その都度現れたものに従って点々と進んでいったら
いつの間にか
思い描いた、元の起点から見た景色から逸れていた、
と、いうような成り行きになっている。

実際、”私はこのモノでこういう事が言いたいのです!”
という発信、表現を、ものに託していない。
けれども、カテゴライズしようにも微妙な位置にある
この”ヤキモノ立体”制作は
いまだにこうして展開を続ける。
それが何か、と説明出来る前に。




約十年以上も前にさかのぼる学生時代は
よくこの手の『なぜ作るのか』 問題に対して
まじめに言葉を綴り、模索した。
これは単純に”授業カリキュラム” に習ったから、の取り組みだったけれど
不出来なすべり出しだった分、しつこくやり続けた。
この作業は、今思うとけっこう大事な鍛錬だった。
あの頃掘り下げて得た感覚は
今でも同じような部分が多くある。


今現在ヤキモノでこの制作を続けるようになった理由は
そもそも 、うっかり入れた母校の大学のおかげ。
”陶”を選んだわたしは、
そこで”うつわ”を学ぶものだと思い込んで、進んでいた。

 しかし、そこで待ち受けていた第一声の教えは
  『”ヤキモノ”の既成概念を捨てる事』。
それは
 土というものでなにができるか
自分なりにこの四年間で探しなさい
というのが指導の主旨だった。
その上で、うつわを作りたいのならそれでもいいが
創作において、思い込みの概念から解放されているように、と。

手取り足取り指導するカリキュラムでなかったおかげで
そこからは自力で泳ぐしか方法が無い。

しかし思えば、今現在もこの時の教えを忠実に守ろうとしている
と言って良い気がする。
抗う事も思わないくらい、当時のペラペラの若輩者にとっては圧倒的なものがあり
この教えは、ほとんど刷り込みに近かった。



そんな偶然の派生からとしても
わたしにとっては今もその時点から続く模索が続いているのだから
結局はこの作業が性に合っていたのか、、、
と、腑に落ちる。


『土で何ができるか』。

このイメージは、まず自分が”原始人”のようになって
ひとつひとつをあらためて『発見する』ようにすること。
今居る自分を取り巻く環境と、今の思考と、手元の素材と。
この三つの組み合わせを”誠実”に想像していくこと。
どこかで見た、出来あいのものに引き込まれないように
”わたしが発見する”景色を求める。


制作はこの取り組みの繰り返しなのだけれど
その時の自分の環境や、人との出会いや、そこで見聞きしたこと
さらに、今、手元の土に起こる表れ。
さまざまな要素が多様に入り込む。



よく、ご覧くださった方から聞く言葉は
古い発掘物のよう、だったり
骨や枝のよう、だったり、と。
わたしもそれをとくに否定をせずにいて、
しかし、実際はそうして具象のものを例えにできるのだけれど
それに至る経緯は、できあがった”そのもの”を目指して出来上がった、とは言い難く、

手元を探る
何が起こっているか観察する
そして、見合うかたちに寄せていく。

こうして追って行って、落ち着いたところが
『こうなった』
という”モノ”になる。
この一連の作業に、自分で区切りをつけるのは
かたちと素材のようすが”なんかいい感んじ”がする、という時点。
これが私のことばになっている。



『ひとつのことを言い表したり、目指したものではなく
いろんな物事や現象が幾重にも”ミルフィーユ”の層のように重なっているところが
もりたさんのものなのかなぁ。』

こう言ってくれた方からの言葉を
すこし経った今も、大切に反芻している。

そんな中で、最近知人のK氏が教えてくれた
『ブリコラージュ』
という概念。
それはあらゆる場面で起こる感覚。
名づけられていたことを知り、一層際立つ。


まだまだ難解なこの思考。
でもゆっくりゆっくり手元になぞらえながら
理解したいと思う。


2014-10-07

10.2-12 a l'etage 前期景色



  






竹内よしこさんのお菓子と





森田春菜  展

陶立体
個展


2014 .10/2 thu - 12sun : 1st
10/16 the - 26 sun : 2nd
※13,14,15 close

12 - 18:00 open

現在10/5 & 10/19 在廊を予定しております。



ギャラリー hase -ハーゼ-(愛知 名古屋)
(ギャラリーの2階、カフェ併設の空間です)


会期中は、竹内よしこさんによる
展示内容のイメージを絡めた焼菓子を販売します。
こちらもおたのしみに・・・





2014-09-13

個展のお知らせ


森田春菜  展

陶立体
個展


2014 .10/2 thu - 12sun : 1st
10/16 the - 26 sun : 2nd
※13,14,15 close

12 - 18:00 open

現在10/5 & 10/19 在廊を予定しております。



ギャラリー hase -ハーゼ-(愛知 名古屋)
(ギャラリーの2階、カフェ併設の空間です)


会期中は、竹内よしこさんによる
展示内容のイメージを絡めた焼菓子を販売します。
こちらもおたのしみに・・・




初めての名古屋での展示となります。
今回は、一ヶ月近くの長い開催期間となりますので
気分転換に、、、と、会期中入れ替えを行う事にしました。

今回のDM写真を撮ってくれたのは
hase浅井さんよりご紹介頂いた、写真家の関谷亮子さん
シックなイメージカットをご用意していただきました。


階下のギャラリー、haseではそれぞれ2週間ごとに
鉄作家・田中潤さん木工作家・須田二郎さんの展示となっているようです。

併せてお楽しみ頂ければ、うれしい機会です。

2014-09-09

朋あり 遠方より来る

 


それぞれの展示開催のため、高知から来ていた
南蛮焼作家の廣谷さんと、竹籠作家の大造さん。
前回わたしが高知を訪れた時の続きを繋げるように
今回の東京滞在でも、多くの時間を共にした。

見送って、日常に戻った今週。
一緒にいた時間、印象的だった事の余韻が
ふと現れる。


満月か新月の時は
竹を狩るのに適した時期らしいこと。
そんな話も聞いたのだった。

月の写真は必ず、うまく撮れない。


  



竹籠展の会場となっている、吉祥寺のOUTBOUNDでは
7日(日)に店主・小林さんとのトークショーがあり
程好い人数が集った会場では
和やかに質疑の会話が交わされた。

自然体で柔らかい、分かりやすい語りでありながら
紙一重のような微妙な感覚も、的確に言い表す大造さん。
廣谷さんにもそういうところがあり
ふたりの感覚や云い様に、自分の日々のぼんやりした体感も
納得の着地点を得たりする。



会場では親友である廣谷さんが撮った映像が流れ
よく知り合っているからこそ、の目線のありようは
見ているだけでもなんだかジンとくる景色。
何ループ眺めていても
目を留める度、見入ってしまった。



今回の展示タイトルにもなっている”生きている”のことばの意味。
自然物に対して、自分が変化する動き。
対談の内容は、そんな事柄で
この内容の共通項は、絶対に工芸作家だけでなく
20代の若者や、サラリーマンにだって通じる概念を
含んでいると思うのだけれど。




対象に身を委ね、出来たもの。

「そうなっちゃった」としか言えないんだよね
と、笑いながら云い合う二人の姿。

他のいろんなシーンも
まだあまり日がたっていないのに
既に感動的に心に残っている。




山崎大造 竹籠展
「生きている竹」 9/6 - 15 吉祥寺 OUTBOUND にて

:廣谷さん曰く
「都心で竹林を感じる展示」。

2014-09-02

次回個展のお知らせ

森田春菜 

陶立体
個展


2014 .10/2 thu- 26 sun
※13,14,15 close

ギャラリー hase -ハーゼ- (愛知 名古屋)
(ギャラリーの2階、カフェ併設の空間です)





8月31日まで伊豆長岡・noir/NOKTAで開催されておりました
グループ展 「あの森をぬけて家へ帰る」は
終了いたしました。

夏休みを利用してお越し下さった方もいらっしゃったと聞き
今回の展示の雰囲気
そして、もともとあるあの場を体感して下さったことを思うと
嬉しいです。

訪れていただいた方
どうもありがとうございました。




今までひとり、じっくり電車に揺られ進んできた道行が
にぎやかな道中、滞在になり。
今までお世話になってきた場には、さまざまな人が集っていた。

夏の暑い時間の中で
そんな空間に居ることを
じっと感じていたくなるひととき。

そんな機会でした。

2014-08-18

「あの森をぬけて家にかえる」




「あの森をぬけて家にかえる」

2014. 8 / 16 sat  - 31 sun
ギャラリー noir/NOKTA (伊豆長岡)
http://www.renrens.jp/gallery/index.html


始まりました。
初日は作家も集い、夏休みを満喫して返って来たような気分。

帰って来て、余韻を想う。


どうぞよろしくお願いいたします。



さまざまなアクセサリー類。
つい、と拾い上げて眺める様は楽しい。


noirの空間。
浮遊する 金属作家:秋野ちひろさん作品

NOKTA。
大判の和紙が、昼と夜を作るよう。
和紙作家:森田千晶さん。


搬入と初日を利用したような
伊豆・三島の旅を楽しんだようなこの期間。

noirから始まったこの場が
じわりじわりとふくらみ、人が集まる場所になり。
展示初日は、よく知る作家がこうして集っている中に居ることが
うれしいひとときでした。

皆それぞれに、見合う場を見つけ
10人の作家が集まったとは思えないくらい
のびのび作品が展開しています。


<参加作家>
秋野ちひろ/クロヌマタカトシ/新谷仁美
鈴木仁子/藤代裕/BeBe/森田千晶
横内みえ/わたなべいくこ/ 森田春菜

2014-07-26

高知探訪 土まわりのこと



先日の連休、南蛮焼き作家である 廣谷さんを訪ねて
高知に出かけていました。






穴窯で薪を使っての焼成は約三日間。
私が一緒に居たのはその最後の3、4時間ほど。


それまでの前準備としても、およそ4トンの薪を割る作業があり
そして、焼成は寝ずの番。

もちろん、土の仕込みとうつわの制作もあるので
この仕事は圧倒的なボリューム。



薪をくべれば、とたんにわぁっと、火が膨らみ
周辺は始終高温と煙に包まれて
この中で、居る、ことだけでも、なかなかなエネルギー。



今回は、竹籠作家の大造さんも作業を共にしていた。

ふたりが話す、火についてのやりとり。

なんともやわらかな言葉で様子を言い表わすのが
日頃”ナマの火”に縁遠い私は、それがひとつひとつとても響く。

それだけ、身近にできるものである、という表れ。



土煙と煤のなかで、汗にもまみれていく体感。
今こうして東京に帰ってきて思うと
なんだかあの在り様に惹かれてしまう。




地面の上にいる、という感覚。
生き物的人間の感覚。

わたしの普段の生活で
退化しそうな部分が、存在を現す。


今の自分まで繋げてくれた、今までの人たちが知ってるものなのか。
それがすこしでも、私の中に宿るものなのか。

あぁ、こうだったな、と
想像のどこかの景色がつながる気分。
ほんとうに、想像に過ぎないのだけれど。




この景色を、手に宿すようなふたり。
一緒に居るだけでも充足感が湧くかのような
滞在3日間。



廣谷さんも、大造さんも
来月8月30日から、それぞれ都内で展示があります。


今度出会えるのは、東京で。待ち遠しい。

2014-07-23

8月グループ展のお知らせ




「あの森をぬけて家にかえる」

2014. 8 / 16 sat  - 31 sun
ギャラリー noir/NOKTA (伊豆長岡)
http://www.renrens.jp/gallery/index.html


10名の作家によるグループ展に参加致します。


<参加作家>
秋野ちひろ/クロヌマタカトシ/新谷仁美
鈴木仁子/藤代裕/BeBe/森田千晶
横内みえ/わたなべいくこ/ 森田春菜



現在、森田は初日の在廊を予定しております。